営業ポリシー。スピードビジネスは過度な営業は行わず、適正な情報を提供して信頼を獲得する事に価値を見出します。
トップページ > 思想 > 営業ポリシー
思想

営業ポリシー

スピードビジネスには、こだわりの営業ポリシーがあり、これは最終的には顧客満足に帰着します。

商品やサービスは万能である必要なし

スピードビジネスは、扱う商品やサービスに自信を持っています。また、「普遍性」にもあるように、普遍的な思想に基づき、より汎用的な用途に適合するように商品やサービスを用意している傾向がありますが、必ずしもあらゆる事に万能である必要はないと考えています。

特定の用途において特に秀でている必要性は求められますが、あらゆるマーケットに興味を引くような万能さは、多くの場合完全にフィットするマーケットを狭めてしまう傾向があるので、普遍性は意識しながらもターゲットは限定しています。

お客様には適正な情報を

スピードビジネスは顧客満足度を強く意識しているので、背伸びした過度な営業はせず、お客様に適正な情報を提供する事に気をつけています。

お客様のお話を伺った時に、弊社のサービスを受けるよりも、他社のサービスを受けた方がお客様にとって価値があることが明白な場合があります。その場合は、迷わず他社のサービスも選択肢としてお伝えし、それでもスピードビジネスのサービスを受けたいと仰る方にだけサービスを提供します。

「もったいない!」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、提供するサービスに自信があれば、マーケットの設定に大きな問題があるか、的外れなサービスでもない限り、設定しているマーケットのお客様には高く評価されるはずです。

また、他社のサービスの方がお客様にとって価値がある事が明白な場合は、購入や契約が決定した後で、別に優れたサービスが存在する事を認識したら、その顧客は不満を感じる事でしょう。

一見消極的な営業方法ですが、実はこの営業方法には「信頼」という高価な副産物が得られます。お客様にとってより価値のあるサービスが世間に存在すれば、自社のサービスよりも優れたサービスをも提案するという行動から、お客様はきっとスピードビジネスのコンサルティングを客観的な判断指標として評価していただけるものと思っております。

真実を伝える事によって高い信頼を獲得する事の方が、そのお客様といい人間関係を築く事ができ、別の機会にスピードビジネスのサービスにあった内容の相談を頂いたり、スピードビジネスのサービスにあったお客様を紹介してくださる事もあるかもしれません。

特定の用途で最高を目指す

スピードビジネスは過度な営業はしません。必要のない人に無理してサービスを受けていただく必要はなく、提供するサービスがもたらす利点を伝えるだけにとどめ、その価値を認識していただいた方にのみサービスを受けていただけばよいのです。

「こんな甘い営業で成り立つ訳ないジャン」と思われるかもしれませんが、スピードビジネスではこのような営業が成り立つようにサービスを用意しています。

スピードビジネスでは、ある用途に関して誰よりも優れたサービスを用意する事で、そのマーケットに対してのみ売る事を考えています。別のサービスの方が優れている事実が判明すれば、そのお客様にはより満足していただけるサービスを認識していただく事があるべき姿だと考えています。

「ある用途に関して誰よりも優れたサービス」というのはなかなか難しいものですが、そのようなサービスが提供できるように、スピードビジネスでは業務に工夫を凝らして、知識や技術を磨いています。

サービスの普遍性がマーケットを広げる

世間にはたくさんの業者があるので、誰よりも優れたサービスを提供しようとすれば、必然的にマーケットは狭くなってしまいます。スピードビジネスでは、狭くなりがちなマーケットを、なるべく普遍的なサービスを扱う事で他社では提供できないような独自性を出し、マーケットを広げています。

万能である必要はないと言いながら、普遍性を追求しているスピードビジネスでは、普遍的な思想のサービスの中に限定したマーケットを見出してサービスのあり方を模索しています。

真の顧客満足を得るためには、普遍性を根底に意識しながらも、特定の分野において最高だと思えるサービスを用意する事ではないでしょうか?また、このようなサービスは時代や場所に影響を受けにくく、長期的に様々な場所で提供できるサービスであるはずです。

2004/05/03(月)スピードビジネス 代表取締役 藤野 直規


主な取扱商品
VMware ESXi Server
Ubuntu
Cent OS
Apple
Android
Android Used
Windows Phone
Windows 8
Ready SIM
Black Berry
Amazon Kindle